体験談

モバイルサイト

  • T&Rセルフイメージデザイン
  • ライフ・デザイン・メソッド
  • ビジネス心理学

ホーム 体験談

体験談

より満たされた状態になれたらいいな、ということと、自分自身をより肯定したい、ということを期待していました。 自分で自分を認めていなかっただけで、実は、私が私にOKを出せば、いろんなことがいいほうに膨らむんだということに気づきました。思っているより、私大丈夫だー、というのが一番大きい気付きかも知れません。
セッションが終わってからは、今までよりよりゆるく自分を認められているように思います。(今怒った自分を否定しているな、よしよし、それでもよいよ、という風に。)
自分で自分をいいよね、といえる回数が増えたので、もっとこうなったらさらにいい、ということは多々ありますが、それでも今は今でいいんじゃないかという安心感が増えてきました。(と、同時に、不思議なことに夫が私にやたら優しくなりました。(笑))

(30代女性)

自分の今後の活動について、たくさんのアイデアが湧いてきてわくわくとした気持ちになりました。人間関係に対して新たな気持ちになれました。新しい関係を選択していこうと思えたら心にも可能性にもいいスペースができたように感じます。
すべては深い意識(無意識)が起こしたくて起こしている、ということに気づかせてくれたセッションかなと思います。

(30代女性)

今の自分の生活を客観視して、良いと思える方向に舵をきるきっかけを得られる事を期待していました。
普段、話題に上らない様な内容が、話題になり、ただただうれしかったです。
「知らない世界へ行く」(≒視点を広げる)事として、あるイラストレーターの絵画教室に通う事にしました。この人に描き方を習う、というのは思えば初めてです。
収入補てんとして、短期アルバイト応募してみました。
その結果、無意識に現状維持に固執して、自分の首を絞める様な状態から、外れたかも知れない、と感じました。
日常の縛り「しょうがないだろう」感から、少し視点を外して「どうしたらいいかな」という感覚で会話が出来る事、しかもプロの方と、それが魅力です。

(40代女性)

最終的な目標が明確になりました。 少しずつですが前向きな努力や気持ちの切り替えができるようになった気がします。
自分のやりたいことが全て同じ方向を向いていることが分かり、前向きな気持ちで日々を過ごせるようになりました。
そして、イラストのSNSでイラストを公開しました。
ちょっと恥ずかしいけれど楽しい気分になりました。
少しずつお仕事を覚えていって、自信も少しずつでてきました。

(20代女性)

ここ数年で自分の中に蓄積された、思いの数々をしっかり、向き合い租借し、そしてそれらの感情を無視することなく乗り越え心からの新たなスタートを切れる事を願う気持ちで受けさせていただきました。
思っていた以上に、感情の枝葉は繊細で。身近な記憶に限らずソレは過去へとさかのぼり今の自分の思考や、陥りやすいパターンと密接である事に気がつきました。そしてきちんと向き合う事で、それらはクリアになり自分が変わっていけるきっかけに繋がる希望が生まれました。
もっと自分は変わることが出来るし、それらを出来るだけ多くの人とシェアし心の通い合う世界が広がる、コーチングはまさに、心と心を繋ぐ「虹の架け橋」の役割を担ってくれると思います。受けるだけではなく自分からも発信して行けるように学ぶ事で世界は広がっていくそんな可能性と希望を持てるところが魅力です。

(40代女性)

今後の生き方に対する迷いを解消したいと思っていました。
自分が理想として思い描いているものの元になっている大きな感覚がつかめました。
セッションの後「愛」という感覚を思い描くことができました。
自分の中にあるものを掘り出すことが出来るのが魅力です。

(30代男性)

変な緊張や不安が少し軽減することを期待していました。 受けたあとは、自分以外の誰か、特に家族にほめられたい願望が強いんだな、と実感しました。そして、面倒だ・途中で投げ出していた娘の通園バッグ・お着替え巾着袋・上履き入れをセッション後2日間ですべて完成させることができました。できた!!やればできるもんだな、と感じました。

(30代女性)

自分で自分を見る、掘り下げることはやっているつもりでもどうしても自分フィルターにかかってしまう、破れない壁のようなものがあるように感じていたので、そこに一之瀬さんからの視点が入ることで風穴があいて、自分自身について新しい角度から見つめなおせるのではないかなと期待していました。
小さなころの私自身との和解というか、融和。少し自分自身と仲良くなれたような気がします。
日頃もっと女性らしくなくてはな、と思っていたのですが意外と男気ある自分でもいいのではないかと感じられました。
セッションの内容をまとめたものをいただいた事で、夫に対してはずいぶんと偏っている味方になっていることと、閉ざしている状態の自分に気づくことができました。
一人で完璧なパズルになろうとしていたような気がします。実際には凸凹な自分なのだけれど、特に凹の部分を持っている自分に対してとても否定的だったと思います。ですが、「一人で完璧になろうとしなくていいのかも、私の凹の部分は、ぴったりはまる凸を持っている人にとっては最高の魅力にもなりうるのかもしれない、苦手なところは得意な人にやってもらってもいいのかも。」という視点を持てるようになってきました。
愛、って受容することだとずっと思っている私がいたけれども、受容だけではなくて、自分自身になることも、愛なのかも、と今は思いはじめているようです。
夫の感情については夫のもの、とある程度線を引けるようになったかも。他人が怒る=自分が怒らせた、ではない見方を持てるようになったかもしれません。少しではあるけれど、夫に嫌だなと思ったことは伝えられました。
なんだか安心感が増している。なんだか、大丈夫が増えている。そんな感じがします。

(30代女性)

自己肯定感が、盤石になった感じがします。
ダメな自分に対しても、イラつかず、しょうがないな、でも、どうやったら直せるかな?と、自然に自分に問いかけるようになりました。
良い意味で、焦らなくなりました。
本来の、「楽観的な自分」に戻ったのかも、と思っています。
今世紀始まって以来の、穏やかなお正月を迎えることが出来ました。

(40代女性)

心のストレッチと整理ができました。
知らず知らずのうちに頑なになって、現状を否定して、混乱していた自分に気付きました。
今の自分を実感すること。それには、自分の過去を肯定し、受け入れることに気付きました。
「ああ、懐かしいなぁ」というような感覚を思い出した時、それが可能になりました。
何かしてもらったときは必ず、夫に「ありがとう」を言いました。
辛い気持ちになった時、目を背けないで、今自分はそうなんだと、心でも実感することができました。
夫が優しくなりました。月並みですが。
気持ちのまま行動している自分を、少し後追いで、自分で確認できる余裕ができました。
不満が爆発して、喧嘩にもなりましたが、少し間を置いて、自分の考えを、夫に伝わるように、伝え直すことが、できました。
初めてなのに、心の有り様としては、これ以上ない所に気付かせて頂けたと思っています。

(40代女性)

揺らいでいる気持ちを落ち着けたい。着地点をクリアにすることを期待していたのかもしれません。
マイナス的な思考にしても、プラス的な思考にしても、【安心】を求めていたということに気づけた摩訶不思議さと、でも、それによって不安になるときにも安心を求めているんだと気づけるようになりました。
自信がない時があってもいい、と気づかせてもらったことは大きかったと思います。知らず知らずのうちに「自分がいいと思う状態」がいい、それ以外はだめ、と考えがちなので。
不安な気持ちがこみ上げてきたときに、【安心を求めているんだね】と自分に言えるようになったこと。
不安や揺らいだ気持ちになった時に、「どういう状況だとこういう感情にとらわれやすいんだろうなあ?」と気持ちを感じながらも少し冷静に考えられる自分も出たと感じています。
状況や気持ちがいろいろと変わる中でも「そういう自分でもいいかなあ」とその都度自分に心の中で言える時が増えました。
不安に飲み込まれなくなったと感じます。不安は不安だけど、その気持ちを自分で少し手綱を操れるようになりました。

(30代女性)

自分が、100―0思考に囚われている。日ごろ、イライラしたり、愚痴ったりする原因は、この思考フィルターを通して他人(特に目上の人が多い)を見ることにある、ということに気づきました。
セッションで学んだことを思い出しては、その都度、軽く新鮮な驚きを追体験しています。
イライラの本質ですが、他人を糾弾するというよりは、自分を理解してほしいという叫び、理解されないまま軽んじられることを恐れる、というところにあるような気がしました。
プロによる、客観的な視点を、自分の体験下に落としこんで、実感まで、持っていけることが素晴らしいと思います。

(40代女性)

期待に応えることで自分の存在感を確かめている部分が大きかったなあということをなんとなく思っていました。
でも期待に応えることすべてが悪いことなわけでもなく、そういう自分でもいいのかもしれないです。
なりたいこれからはあっても、今充足していることも実はたくさんあって、それを自分が認めるだけで十分幸せなことがあるんじゃないかと、感じています。

(30代女性)

やるべきこと、やりたい事の整理、目標の確認のためにセッションを受けました。自分が実行できていることとできていないことを把握できました。
検定の勉強はやりがいがあります。就職先が決まって、ほっとしました。お仕事が楽しみです。少し、自信がつきました。
原動力となるものがはっきりしたので、行動に移すことが早くなったと思います。一之瀬さんにお話を聞いてもらいながら、将来の目標を達成するために必要なものや優先順位を確認したり、計画を修正したりすることが一人ではなかなか大変な作業が楽にできるようになりました。

(20代女性)

より解放されることを期待していました。
セッションの後日、感覚的に、自分がからっぽでいること、0になってこれから起こる日々のいろいろを受け入れて飲み込んでいくことが大事だと、感じました。
実際にはセッションを受けてからの日常に大きな出来事があり、そこを通して得たものがとても大きいと感じています。
以前より、人と自分に境界線を引けるようになりました。私の感情とあなたの感情を分けることがよりできるようになったと思います。そして、自分自身の感情とより向き合え得るようになったかもしれません。
自分自身の軸が前よりしっかり立ったと思います。自分が立ち上がった、という感覚。立ち位置とか世間体とかそういうものではなく、私は私自身で生きてゆく、自分自身を貫いて人生を作っていきたいと強く思う瞬間がありました。
0になること、ありのままになること。周りがどうであれ、私は私であること、それを見失わないことの大切さ、みたいなものを実感しました。

(30代女性)

今まで行った事がない場所、全く知らない人から話を聞くことで、自分の思考の枠を破る(広げる)ことが出来るということに、興味を感じました。
自分から話しかけたり、積極的に働きかけようとしました。東京に行った際、行ったことない場所に足を運びました。
もともと自分は、未知の人や場所にとても興味をもっているにもかかわらず、最近は自分一人の殻にこもりすぎていたかもしれない、と感じました。
今の自分なら、過剰に外の人や世界に流されすぎることもなく、新鮮な心を得られるかも知れない、とも感じました。
友達や家族と取り留めなく話すような気楽さで会話しながら、自分にとって大事なことや興味深いことに辿りつけるところが魅力です。

(40代女性)

今の状態でOKといってもらえることと、変わってきた視点に対して一之瀬さんからの客観的な視点をもらって冷静に判断したいと思っていました。
人は自分が見たように相手を作る、ということがすごく感じられました。自分に対しても人に対しても、要は「私」がどうしたいかなんだなあと。
夫との関係を通して自分が両親に対して求めている気持ちが少しわかったので、それを少し手放せたと思います。
夫に対して言いたかった言葉は両親に対して言いたかったことでもあったのかも。
一人で過ごしている時間に、今多くの人の好意や愛情に支えていられると感じられた瞬間があって、その時とっても幸せな感覚を味わえました。
私の見方が夫を下げていた部分があるのだということ。夫が休みの日に家を出ることに対しても、罪悪感や私が夫をほっておいている(=かまってあげないといけない)という思いでいたから、夫はそういう反応をしていたように思います。私が彼を自立した人として見ていなかった(大変失礼な話。)
いつもセッションが終わると未消化な部分を消化するようなことが起こります。波を起こしてくれるのがセッションだなあと思います。

(30代女性)

コンプレックス、マイナスにしか決めつけていなかったことについて、糧になっていた部分もあるということを意識化できました。セッション中にすぐ腑に落ちた感がありました。
自分の糧になっているという点ですが、セッション中に「自分の強み、武器になっている」という言い方をして、この表現が、最も頼もしく、しっくりきました。
落ち込んだ時など、感情に流されずに自分を客観視する癖がついてきました。混乱してわからない時もセッション時ならどうか、と想定してみるだけで、ワンクッション置くことができます。
おかげ様で、自分なりに考えたり、描いたりできるようになってきました。

(40代女性)

今までなんとなくジョイント的な役割だと感じていたものが、家族関係に由来していると気づけたこと。
キッチン、リビング、洗面所などかなりすっきりと片づけました。
と同時に、さみしかったな、という気持ちが溢れてきたのでよく感じ、よく泣き続け、気持ちの整理ができたと思います。
家も気持ちもだいぶすっきりしました。
さみしさの感情と向き合う中で、今までの人間関係の中で私自身が父に受け入れてもらいたい、愛されたいという思いを相手に投影していたんだと気づきました。そして、父に愛されたかった心の中の自分と私なりに対話することができ、ほっと一段落しています。
ずっとあるとは思っていたけど、やっと見つけた感じなので、深海の宝探しのようでした。

(30代女性)

気持ちの整理と確認、今自分がいる地点を客観的にとらえたかった。 話していくうちに、自分軸の話になり、結局は、私は自分の意見をいいと認めてもらいたかったし、自分自身それでいいんだと確認したかったんだと思うし、実際それを実感できました。結局、今はまだ全部にこれだ!という答えをはっきり出せていない自分でいいと認めたかったのかも。二人ともいい!の言葉が出たのには納得です。
今、に集中する意志力が向上。家庭時間の増加。
他人は他人、結局人は、自分の好きなように思ったように言動を選択しているのだなということに気づいて、あえて染めようとしたり染まろうとしたりしなくていい、という感じ。他人と自分の距離感をつかむことが今までよりできるようになったと思います。
スッキリ!これまでは自分軸でいるようで実は相当他人軸だったんだと改めて実感しています。
自分軸でありつつも、相手の目線を想像してみるということが少しできたような気がします。

(30代女性)

心に引っかかる言葉に出会えるか期待していた。
集中して、何かをやり遂げる時は、ある程度連続した時間が必要という事、画題を自分で設定し、イメージに近づくまで、時間をかけて描く事。
なかなか踏み出せなかった一歩が踏み出せたのは、本当に良かった。
日常会話の様にさりげないけれど、後押ししてくれる言葉に出会える事が魅力。

(40代女性)

心の凝りをほぐしていただいた後、後はどうなるんだろう、今後どのように、自分自身をコントロールし、人生をデザインしていくのか、という気持ちが、とても強かったです。
そしてセッションでは、何となく、その方法が見えたような気がしました。
また、心の芯に、図太さというか、まあいいや、あまり追求するのはやめよう、といった楽天的な感覚が、居座ってきたような感じがします。
その事自体に対しては、本当にこんないい加減ででいいの?という戸惑いがありますが、もう怖くならないような気もして、これが生きていく上で正しい心の在り方なのかも、とも思ったりしています。
「これで良いのかな?」と戸惑いつつ、どこかリラックスしている感じもしつつ。調子の良い時は、朝気持ちよく起きられる日もありました。

(40代女性)

不安なことや、マイナス思考になったら、とりあえず紙に殴り書きをして、そのおかげで、夫に不満を爆発させないで済みました。
あ、じぶんの力だけでも、不満や不安をおさえられるんだと実感しました。

(30代女性)

自分を変えたい、開放したいと思っていました。
考え方次第でいくらでも変えられることを実感しました。
前向きで元気な気持ち優しい気持ちになれました。

(40代女性)

行動を起こすことの大切さを得ました。
魅力は、思いついたことをそのまま言えることです。

(40代女性)

悪循環な状態から抜け出し、自分らしさや自分がどうしたいのかを知り、やる気に満ちた日々を送るため、人付き合いを楽にできるようになりたいという思いから受けました。実際に今回、漠然としていた未来の方向性が分かってきて、そのための改善点が見えてきました。このセッションで、改善したいという意欲が湧いてきました。理想の未来に必要な物事に意識が行くようになりました。

(20代女性)

人付き合いを楽にできるようになり、周りにも将来の家族にも迷惑をかけず、プラスの影響を与えたいという思いから受けました。今回、ブロックしていた理由とブロックしていたことは、悪いことではなく必要だったと分かりました。ゆっくり、少しずつだけれども改善していけるかなと思えるようになってきました。

(20代女性)

気持ちの上がり下がりが激しく、目的に集中できない、気持ちをまとめたい、という思いからコーチングを受けました。
実際に今回、原因の一つである、2つの感情に気づき、その源を知りました。体を動かすことで脳を働かせる傾向があること、感情を抑制することの弊害を実感しました。
このセッションで得たものは、点が線になる!ということです。

(30代男性)

自分に合う満足できるパートナーと理想の人生について悩んでいました。セッションを受けて、未来のパートナーが自分を認めてくれるという安心感と、自分もパートナーに安らぎを与えられていることを感じました。パートナーとそのような関係を築けるわけがないと思っていたので驚きました。また、そのパートナーといれば、人付き合いや困難な事なども、楽しく簡単にできそうな気持になりました。そして、気づきと安心感を得ることができました。

(20代女性)

私は40年以上にわたりビジネスの世界にどっぷり浸かってきましたが、還暦を過ぎた時に第2の人生をどのように送るかについて真剣に考え始めるようになりました。

そして、今までの自分の経験と知識を生かせる道として心理療法を学んでセラピストとして開業することを決意し、様々なセミナーに参加しましたが、学べば学ぶ程この世界の奥深さを知ることとなり、当初の意気込みも薄らいで「果たして自分はできるのだろうか?」という疑問と不安に心が挫けそうになってしまいました。

そんな時に全米NLP協会の公認トレーナーである一之瀬さんとの出会いがあり、毎月2回、相模原から栃木まで出かけてコーチングを受けることとなりました。

一之瀬さんは心理学の造詣も深くて公的機関の児童福祉の職場での臨床経験も豊富で、とても温和なお人柄ですが、ポイントをきっちり抑えたコーチングに催眠療法を加味した手法で、受ける立場としては大きな信頼感と安心感を与えていただけました。 そして今、将来の開業に向けて自信と確信を持って立っている自分を発見して、改めて一之瀬さんのレベルの高さを再確認しております。 一之瀬さんとの出会いを心から感謝しております。 ありがとうございました。

(60代男性)

夫の不倫不貞で夫婦関係、家族関係が崩壊しました。私は心身ともに衰弱し、二人の子どもたちは不安定。私自身考え、夫と話し合った末、離婚を選ばず、家族としてスタートする道を選びました。しかし、信頼できない夫と生活を共にすることがどれほど苦痛であったことか。精神的にもまいってしまいました。

そんなときに、一之瀬さんのコーチングと出会いました。一之瀬さんと話していると、いつの間にか時間が経ち、コーチングが終わった後は、精神的にも余裕ができ、リラックスできました。憎き夫、許せぬ夫とも今後を見据えて付き合っていかなくてはならないと、前向きになれました。

私のコーチングの目標は「夫婦関係の再構築」でした。コーチングが始まる前には、前回の内容確認と今の状況を話します。そして、コーチングに入ります。でも、簡単には前向きな気持ちにはなれませんでした。精神的に不安定になったり、イライラしたり、ギスギスしたりしました。その都度、一之瀬さんに相談し、7回のコーチングが終わる頃には、精神的にも安定しました。今は、子どもたちの未来のために明るいイメージを抱いていきています。夫とも、以前のように子どもたちのこと、仕事のことなど話ができるようになってきました。ときどき、迷いや不安が生じることもありますが、一之瀬さんの教えを思い出し、前向きに生きています。

(40代女性)

ふとしたご縁でコーチングというものの存在を知り、何人かのコーチからセッションを受けてみましたが、一之瀬さんのセッションは常に愛情と思いやりに溢れており、その姿勢が反映されているものでした。これは、おそらく、一之瀬さんにお会いになれば、そのお人柄から、すぐに皆さんが感じられる事だと思います。

柔らかい物腰で、とかく頭でっかちになりがちな現代人の視点を、決して嫌味無く、ストンと日常の小さな行動レベルに落とす事、そして実際の行動へと結びつける事…こういった事を求めている方は、ぜひ一度、一之瀬さんのセッションを受けられてみると良いと思います。

私自身も、大きく抽象的な概念で固まってしまった目標を、日々の日常の中で実践できる物事へと変えて頂きました。 素晴らしいご縁とセッションを、ありがとうございました。

一之瀬さんは、非常に勉強熱心な方ですので、今後の更なるご活躍がとても楽しみです。

(30代女性)

一之瀬さんのコーチングを受けたときに、きわめてシンプルな方法なのに簡単にネガティブな感情を手放すことができました。一之瀬さんのやさしい誘導がさらに無意識へのアクセスを容易なものへとして頂きました。

初めは短期的な効果だろうと思っていましたが、ムダだと感じていた怒りの感情は殆ど姿を見せることが減少しました。おもしろいことにセラピーをして頂いた翌日カフェで注文したサラダが来ない、店員さんに伝えると、サラダをもってきてくれましたが、今度はサラダの種類が違う、これまた伝えると、今度はドレッシングとフォークが来ないなど、怒りの感情を手放せたかどうかをテストするような出来事(シンクロニシティ)が起きました。そんな状況でも冷静にリフレーミングできている自分がいました。自分の変容に驚きがいまでもあります。次は恐怖を手放すセラピーを受けたいです。
一之瀬さん、ありがとうございました。

(30代男性)

まず印象的だったのは一之瀬さんの笑顔、そして人を包み込むようなやわらかい雰囲気です。
セッションそのものも、私に寄り添ってくれている感覚があり、安心感をもって受けることができました。
とても真摯な姿勢で、勉強熱心な姿は本当に素晴らしいと思います。

(30代女性)
お問い合わせ